状態を表すフレーズ

【3663】I'm wide-open.:予定が空いている

【フレーズ】I'm wide-open.

《アイムワイドォウプン》

【意味】予定が空いている/暇だ

 

【ニュアンス解説】

wide-open は「制限のない」とか「開け放った」という意味ですが、「予定がガラ空き」「暇」といったニュアンスでもよく使われます。
相手に「全然空いてるよ」と伝える時の定番フレーズです。

【例文】

1. 週末の予定

A. Are you busy this weekend?
<今週末って忙しい?>

B. No. I'm wide-open. Why?
<ううん。予定は空いてるけど。どうして?>

A. I was just wondering if you'd like to come for dinner.
<夕飯でも食べに来ないかな、と思ってさ。>

2. 診察の予約

A. Would you prefer morning appointments or afternoon appointments?
<午前の予約と午後の予約では、どちらがご希望でしょうか?>

B. I'd prefer morning appointments.
<午前の予約の方がいいですね。>

A. I see. We're wide-open in the third week of December.
<わかりました。12月の第3週ですと、かなり空きがございます。>

予定を立てる時などにぜひ使ってみてくださいね。

 

今日のゲストコラム

マイケル・リーヴァスの英語のニュアンス教えてチャット

from Michael

タレントのマイケルさんが、英語の微妙なニュアンスの違いについて解説するこのコーナー。
しかも、チャット形式で分かりやすくお伝えしますよ!それでは、さっそく今回の質問に行ってみましょう。

Hospital と Doctorの違い

Q
Q

海外旅行から帰った息子から聞いた話ですが、外国では病院に行くことを「went to hospital.」とは言わないって本当ですか?

マイケル
マイケル

面白い質問ですね。そして息子さんはとても良いお土産を持ち帰ってくれましたね!

Q
Q

どうやら「go to see a doctor.」と言うとか…。

マイケル
マイケル

I went to the hospital「私は病院に行きました」は文法的には問題ありません。
ただし、hospital は『総合病院』を意味するので、何か大きな事故や病気になってしまったのではないかと相手を驚かせてしまう可能性があるんですよ。

Q
Q

そうなんですね。

マイケル
マイケル

よって、普通に風邪の診断を受ける場合は「I’m going to see a doctor.」 もしくは「I’m going to a clinic.」の方が一般的な表現になるわけです。

Q
Q

hospital が『総合病院』だったとは、私も息子も知らなかったです(汗)。

マイケル
マイケル

その後に症状などを伝える場合は、「〜because I have a sore throat (なぜなら、喉が痛いから)」「because I have a fever(熱があるから)」because I have a stomach ache(腹痛があるから)」などが続きます。
ちなみに、内科、外科、眼科など、それぞれの診療所によって呼び名が変わるので一通りご紹介しましょう。

内科 ⇒ internal medicine
内科医 ⇒ physician
外科 ⇒ surgery / surgical department
外科医 ⇒ surgeon
神経科 ⇒ neurology
精神科 ⇒ psychiatry
小児科 ⇒ pediatrics
眼科 ⇒ ophthalmology / eye clinic

Q
Q

ご丁寧にありがとうございます!

マイケル
マイケル

I’m going to the clinic より具体的に説明したい場合は、I’m going to the internal medicine / neurology / pediatrics などと説明しましょう。全ての診療所を覚えるのは大変なので、まずは「I’m going to see a doctor because〜」の形を覚えるのが良いかもしれませんね。

Q
Q

まずは「I’m going to see a doctor because〜」ですね!

マイケル
マイケル

逆に、知り合いが「I’m going to the hospital」と言ったら、何か大きなケガや病気にかかっているかもしれないので、「I’m so sorry to hear that(それを聞いて大変残念です)」「I hope you get better(早く良くなるといいですね)」など、気遣いの言葉も言えると良いと思います。

Q
Q

さっそく息子に教えてあげようと思います。本当に分かりやすく解説していただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
Michael Rivas

Michael Rivas

日本生まれ、ハワイ育ちのバイリンガルタレント。NHK「リトルチャロ」シリーズのメインMCに抜擢されブレイク。小社刊「Native English」付属CD、小社刊「Native English Business」付属DVDに出演。現在も歌手、リポーター、ラジオパーソナリティー、声優など各方面で活躍中。

関連記事

  1. 状態を表すフレーズ

    【3547】mind-boggling:気が遠くなるほどの

    【フレーズ】 mind-boggling《マイン(ドゥ)バァグリン…

  2. 状態を表すフレーズ

    【3537】The paint is peeling.:ペンキが剥げている

    【フレーズ】The paint is peeling.《ザペインテ…

  3. 意見を言う時のフレーズ

    【3593】Let's stick together.:一緒にいよう

    【フレーズ】Let's stick together.《レッツステ…

  4. ひねった言いまわし

    【3493】You're on thin ice.:首の皮一枚でつながっている

    【フレーズ】You're on thin ice.《ユウアオンスィ…

最近の記事

  1. 【3913】easy-peasy:めちゃくちゃ簡単な
  2. 【3912】He's not the marrying ki…
  3. 【3911】You deserve a better man…
  4. 【3910】Which do you prefer for …
  5. 【3909】It sure looks like it.:確…
PAGE TOP