状態を表すフレーズ

【3398】I can't make out his handwriting.:彼の字は読めない

【フレーズ】I can't make out his handwriting.

《アイキャン(トゥ)メイカウ(トゥ)ヒズハン(ドゥ)ライティン(グ)》

【意味】彼の字は読めない

 

【ニュアンス解説】
今日のポイントは「理解する」という意味の make out の部分です。
文脈によって「判読する」「聞き分ける」といったニュアンスで使われることが多いです。

【例文】

1. 手紙

A. What does he say in the letter?
<彼、手紙で何て?>

B. I don't know. I can't make out his handwriting.
<わからない。彼の字は読めないよ。>

A. Let me try.
<私に読ませて。>

2. グズる子供

A. I don't know why she's crying.
<この子がどうして泣いてるのか、わからないの。>

B. She's pointing at something.
<何かを指差してるよ。>

A. I know, but I can't quite make out what she's trying to show me.
<そうなんだけど、何を差してるのかよくわからないのよ。>

「識別する」というベースのニュアンスが理解できれば、色々な場面で応用できますね。

 

今日のゲストコラム

World Hot News 〜America

from Mitsu

スリフトショップの思い出と宝探し

アメリカ生活は今年で17 年目になります。私は、様々な理由でスリフトショップを利用してきました。今回は、その私自身の体験談も交えながら、(フロリダ州)Tallahassee の街のスリフトショップについてお話したいと思います。

スリフトショップをハシゴする日本人

 アメリカのスリフトショップは、アメリカ人にとっては単なる中古品でも、日本人の私にとっては『お宝』を見つけるチャンスの場です!
 数年前、ヴィンテージPyrex コレクターの友人(日本人)に付き添って、あるスリフトショップへ行ったことがきっかけで、いつの間にか、私もすっかりPyrex ファンになってしまいました。今では、スリフトショップ巡りが、私たちの恒例行事となっています。

スリフトショップ宝探しの成果物!?私のお気に入りPyrex たちo(^ ▽ ^)o

 

 Pyrex は、一般的にアメリカ人にとっては、昔ながらのキッチングッズのメーカーに過ぎませんが、とっても可愛いデザインで、使うにもデコレーションにするにも抜群のグッズです(特に女性は、ご存知の方も多いかと思います)。友人と私は、スリフトショップ内に入った途端、「どこかに宝(Pyrex)が潜んでいるはず!」と、店内の隅から隅まで徹底的にPyrex 探し。「今日は収穫あり!」「今日は残念賞だね」などと言いながら、スリフトショップを梯子(はしご)して楽しんでいます。いくつも存在する家族経営の小規模なスリフトショップでは、すっかり店員さんとも顔馴染みで、"It's good to see you again." と挨拶するほどです(^^ ♪

goodwill(グッドウィル)

 アメリカ最大のスリフトショップの一つが『goodwill』です。私が暮らすTallahassee 市内にも10 店舗以上あり、「100%寄付」で集まったグッズを低価格で再販売しています。洋服や本、電化製品や家具、キッチン用品はもちろんの事、時には中古車も売っています。
 Tallahassee には、FSU・FAMU・TCC 等の大学やコミュニティーカレッジがあるので、入学の時期になると、学生寮やアパートメントでの新しい生活に向けて(家具や家電などを揃えるために)goodwill を活用している学生も沢山います。同じく卒業シーズンには、物凄い量の家具・家電が店頭に並びます。こういう光景を見ると、便利に、そして有効にリサイクルされている『モノの循環性』に感心させられるほどです。

今は、この看板のそばを通ると宝探しモードになってしまいます(^^)

 

 私たち夫婦の新婚時代は、あまり贅沢できる生活ではありませんでした。なので、goodwill で買ったソファーやテーブルなど、家の中には沢山のgoodwill グッズがありました。
しかし、当時は「新品で、もっと素敵な『モノ』に囲まれて新婚生活したい…」というのが本音でした。でも、あの頃を振り返り「あんな時代もあったから、今こうして夢のマイホームで生活できるんだよね」と、時折、主人と改めて話す事があります。そう考えると、新婚時代のあの『経験』もスリフトショップで見つけた『宝物』なのかもしません。

The following two tabs change content below.
MITSU

MITSU

国際結婚をして、夫の母国アメリカへ移住して17年。フロリダでは、設計会社のCAD-Tech部マネージャーとして5年間勤め、翻訳の仕事に専念する為に退社。現在は、日⇔英翻訳家として活躍中。Native English のフォローメールを担当しています。

関連記事

  1. 豊富な野菜
  2. 意見を言う時のフレーズ

    【3665】Don't lose your cool. :カッとならないで

    【フレーズ】Don't lose your cool.《ドン(トゥ…

  3. 小劇場

最近の記事

  1. 【3724】Please hold all calls du…
  2. 【3723】Can you cc me on that, p…
  3. 【3722】My husband is partial to…
  4. 【3721】I'm always in your corne…
  5. 【3720】Is this the final price?…
PAGE TOP