状態を表すフレーズ

【3407】It's a bit out of the way. :それは少々不便なところにある

【フレーズ】It's a bit out of the way.

《イッツァビッ(トゥ)アウトブザウェイ》

【意味】それは少々不便なところにある

 

【ニュアンス解説】
out of the way は「交通アクセスの悪い」「不便な」といった意味です。
また通常の移動ルートから外れている、という意味でも使われます。

【例文】

1. 物件探し

A. It's bright and spacious. I really like this apartment.
<明るいし広い。僕はこのアパート、すごく気に入った。>

B. But it's a bit out of the way.
<でもちょっと場所が不便よね。>

A. I wish it was a lot closer to our work.
<僕たちの職場にもっと近ければいいのに。>

2. 急な雨

A. Just get in. I can drive you back home.
<さぁ、乗って。家まで送るよ。>

B. Are you sure? You don't have to if it's out of your way.
<いいの?方向が違うなら、無理しなくていいのよ。>

A. No worries. It's fine.
<気にするな。大丈夫だ。>

例文2のように、out of one's way のパターンで使われることも多いです。

 

今日のゲストコラム

マイケル・リーヴァスの英語のニュアンス教えてチャット

from Michael

タレントのマイケルさんが、英語の微妙なニュアンスの違いについて解説するこのコーナー。しかも、チャット形式で分かりやすくお伝えしますよ!
それでは、さっそく今回の質問に行ってみましょう。

come と go

Q
Q

私は日本語でも「行く」と「来る」の使い分けに迷うことがあるのですが、英語の場合、 go と come を上手に使い分けるにはどうしたらよいでしょうか。

マイケル
マイケル

日常会話で頻繁に使われるこの動詞を、「come=来る」、「go =行く」と認識している人が多いと思いますが、 come は「来る」ではなく「行く」という意味で使われることがあるんです。

Q
Q

「come =行く」ですか??

マイケル
マイケル

相手/聞き手のいる場所へ向かう場合には、 come は「行く(正確には「向かう」)」という意味として使われるのです。

基本的に、come は話し手や聞き手に向かう動きとして使い、go はそれ以外の場所へ向かう動きとして使われます。例えば、同僚などとの電話で「これからそちらの部署へ行きますね」と伝える場合、相手のいる場所へ向かう動きになるので、 I will go to your office. ではなく、 I will come to your office.が正しい表現になります。

他のシーンでも、

A: We're going to have lunch at the park.「これから公園へランチに行くんだ。」

B: Can I come?「 私も一緒に行って良い?」

A: Dinner is ready!「晩ご飯できたわよー!」

B: I'm coming!「 今行きまーす!」

といった感じですね。 Dinner is ready! に対してI'm going! と言ってしまうと、「これからどこかへ行ってきまーす!」という意味になって、相手に勘違いされてしまうかもしれませんので気をつけましょう。

Q
Q

なるほど!対象となる相手がいないショッピングなんかだとgoで良くて、対象となる相手のもとへ向かう場合はcome なんですね!

マイケル
マイケル

そういうことですね。どちらも文章としては正しいのですが、同じシーンで go とcome を比較してみると、 She will come to the park. だと、話し手が公園にいて、そこに彼女も来るイメージ。 She will go to the park. だと、今、彼女は相手と一緒にいるけど、これから一人で公園に行ってしまうイメージです。

感覚的に喋っていると、この微妙な使い方を間違えてしまいますが、「行く」場合の come も上手く使える様に意識してみてください。

Q
Q

とても勉強になりました。「行く(向かう)」場合に go と come を使い分けられるように意識してみます。ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
Michael Rivas

Michael Rivas

日本生まれ、ハワイ育ちのバイリンガルタレント。NHK「リトルチャロ」シリーズのメインMCに抜擢されブレイク。小社刊「Native English」付属CD、小社刊「Native English Business」付属DVDに出演。現在も歌手、リポーター、ラジオパーソナリティー、声優など各方面で活躍中。

関連記事

  1. 曇った天気
  2. 状態を表すフレーズ

    【3251】fall by the wayside:途中で挫折する

    【フレーズ】fall by the wayside《フォールバイザ…

最近の記事

  1. 【3604】Please don't go to the t…
  2. 【3603】I might as well.:そうしたほうが…
  3. 【3602】more or less:大体
  4. 【3601】Just as I expected:案の定
  5. 【3600】Would you mind company?:…
PAGE TOP