何気ない一言

【3413】We're not made of money.:お金が有り余っているわけじゃない

【フレーズ】We're not made of money.

《ウィアナッ(トゥ)メイドブマニィ》

【意味】お金が有り余っているわけじゃない

 

【ニュアンス解説】
made of money は「お金でできている」つまり「お金持ちである」「有り余るほどの大金がある」という意味です。
お金をせがまれたり、贅沢をしようとする相手に「そんな余裕はない」とはっきり伝える時の定番フレーズで、親が子供をしつける時などによく耳にする表現です。

【例文】

1. 新しいスマホ

A. Is there anything wrong with your phone?
<電話にどこか問題でもあるの?>

B. Mom, my iPhone is so old. I want a new one.
<お母さん、僕の iPhone はすごく古いんだ。新しいのが欲しい。>

A. It works perfectly fine. We're not made of money, you know.
<問題なく使えてるでしょ。お金が有り余っているわけじゃないのよ。>

2. バケーションの計画

A. I would avoid hotels with ratings below five stars.
<5つ星以下のホテルは避けたいわね。>

B. That's impossible. Do you think I'm made of money or something?
<それは無理だよ。僕にお金が有り余っているとでも思ってるの?>

A. I want to stay at a fancy hotel.
<素敵なホテルに泊まりたいじゃない。>

例文2のように、金銭感覚の違う相手との会話でも使えます。

今日のゲストコラム

Anything と a thing の使い方

from staff

 この間見ていた動画で、外国人の大学生が試験前に I haven't studied a thing. と言っていました。彼はとても困っている様子で、前後の流れから判断すると「全然勉強してないよー!(汗)」というニュアンスだったと思うのですが、なぜ a thing で、「全然」という意味になるのでしょうか。

a thing は否定文において、anything をより強調させたニュアンスで使われることがあります。
例えば、

It doesn't mean anything. それには何の意味もない。

これを強調させると

It doesn't mean a thing. それには全く何の意味もない。

となります。同じように、

I didn't hear anything. 私には何も聞こえなかった。

これをより強調した意味合として使われるのが

I didn't hear a thing. 私には全く何も聞こえなかった。

となります。

このように a thing は否定文で使われると、「全然・全く何も(~ない)」という強調の意味になることがありますので、覚えておいてくださいね。


Up の意味

from staff

以前のメルマガで、
You're up working late every single night this week. 「今週は毎晩毎晩遅くまで仕事してるわね。」 
というフレーズをご紹介しました。
なぜ You're working late ではなく You're up working late と、up がついているのでしょうか?
みなさんはこの up の意味が分かりますか?

この up は「起きている」「目覚めている」という意味の形容詞です。
例文では、遅くまで「起きて」仕事をしている、というニュアンスで使われています。
「起きている」という意味の up は、日常会話でもよく出てきます。
例えば、

Are you up already? もう起きてたの?
I was up all night. 一晩中起きてたんだ。

のような感じです。これらをフレーズごと覚えて、感覚をつかんでしまいましょう。

また、他にも形容詞としての up は「立っている」の意味で使われることもあるので、例文をご紹介しておきます。

She was up doing housework a week after the surgery.
彼女は手術の 1 週間後には(ベットから出て)立って家事をしていた。

これからも英語の音声を聞く時、動画を見る時、文章を読む時に up が出てきたら、注意してみてください。
一体どのような意味で使われている up なのか、その都度考えるクセをつけることをお勧めします。

 

The following two tabs change content below.
YOSHIのネイティブフレーズ 運営スタッフ

YOSHIのネイティブフレーズ 運営スタッフ

「楽しみながら英語に触れて、世界を広げよう!」を合言葉に前向きでひたむきな多くの英語学習者たちとともに歩みを進める専属スタッフ。 とことん英語を楽しみながら学ぶという両方が叶う世界を構築するために日々活動中。

関連記事

  1. 何気ない一言

    I haven’t been behind the wheel for years. :もう何年もハ…

    ■今日のネイティブフレーズ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄…

  2. 何気ない一言

    Don't you worry.:あなたは心配しなくていいよ

    ■今日のネイティブフレーズ 【フレーズ】Don't you w…

  3. 何気ない一言

    Looks like I'll have to go to work tomorrow.:明日は出勤…

    ■今日のネイティブフレーズ 【フレーズ】Looks like …

  4. 何気ない一言

    It’ll take some getting used to. :慣れるまで少し時間がかかるよ

    ■今日のネイティブフレーズ【フレーズ】It’ll take s…

  5. 何気ない一言

    Something came up.:ちょっと用事が入っちゃって

    ■今日のネイティブフレーズ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄…

  6. 何気ない一言

    He's in his early forties.:彼は40代前半です

    ■今日のネイティブフレーズ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄…

最近の記事

  1. 【3604】Please don't go to the t…
  2. 【3603】I might as well.:そうしたほうが…
  3. 【3602】more or less:大体
  4. 【3601】Just as I expected:案の定
  5. 【3600】Would you mind company?:…
PAGE TOP