I appreciate your friendship. (日本語訳:君の友情に感謝してるよ)の使い方

I appreciate your friendship. :君の友情に感謝してるよ

2018-12-25 9:00 AM テーマ:

■今日のネイティブフレーズ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【フレーズ】I appreciate your friendship.
《アイアプゥリッシエイチュアフゥレン(ドゥ)シップ》 

【意味】 君の友情に感謝してるよ/友達でいてくれてありがとう

【ニュアンス解説】 何度かメルマガにも
登場しているappreciateですが
「ありがたく思う」という意味で thank を
フォーマルにした感じになります。
少し改まって友人へ感謝の気持ちを伝えたいときに使います。

【例文】

1.親友

A.You’ve been such a good friend to me.
(いつも良き友人でいてくれるね。) 

B.I care about you a lot.
(あなたを大切に思っているのよ。) 

A.I appreciate your friendship.
(君の友情に感謝してるよ。)

2.娘の友人がお見舞いに

A.Thank you for visiting Emily today.
(今日はエミリーに会いに来てくれてありがとう。) 

B.I hope she gets better soon.
(早くよくなるといいですね。) 

A.So do I. I really appreciate your friendship with Emily.
(そうね。あなたがエミリーのお友達でいてくれて本当に感謝してるわ。)

appreciate の後ろの単語を変えれば応用して使えますね。

英語ペラペラになるには、フレーズを覚えるのが一番の近道です。

では、また明日。

ありがとうございました!

I appreciate your friendship. :君の友情に感謝してるよ」 に2件のコメント

  1. hiroko より:

    初めまして。
    最近、こちらのサイトを拝見させていただき、
    ネイティブがつかうフレーズが沢山かかれていることに、とっても興味がわき
    アクセスさせていただいてます。
    そこで、一つお願いしたいことがあります。
    お願いするときのフレーズ、ネガティブのフレーズなどいい方ごとに分かれているのに、
    アクセスすると、最新のフレーズしか表示されず非常に見にくいです。
    過去のものも一覧で見れると、言いたいフレーズを即座に見つけることができ、
    生かせると思うのです。
    月ごとのアーカイブを見ても、最新のものしか載ってなくて、さかのぼって探すのに
    苦労しますし、どんなフレーズがあるのかも見ることができず残念です。
    これが改善されると、何度でもアクセスしたくなる素晴らしいwebサイトではないかと
    思ってます。
    ぜひ、改善をヨロシクお願い致します。

    • kinoji4_blog より:

      hirokoさん

      はじめまして。

      YOSHIです。

      貴重なご意見をいただきありがとうございます。

      お寄せいただきましたご意見を反映することはお約束いたしかねますが、
      お客さまより届いたお言葉を活かせるよう、社内にて検討させていただきたいと存じます。

      それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

      YOSHI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

無料英会話習得メールマガジンご登録フォーム

300,000人以上が愛読中!
ネイティブが本当に使うフレーズを毎日お届け!
完全無料のメールマガジン「YOSHIのネイティブフレーズ」

以下にお名前とメールアドレスを記入し、
登録ボタンを押して下さい。(二つとも必須項目です。)

お名前(名字のみ)
メールアドレス

このメールマガジンでは「ネイティブが本当に使うフレーズ」「フレーズに使い方」を、例文と楽しく覚えられる解説付きでお届けするメールマガジンです。

完全に無料のメールマガジンですので、日常英会話の
ボキャブラリーを増やしたい、ネイティブとの
コミュニケーションをもっと楽しみたいと思ったら、
今すぐご登録ください!

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信や英会話上達に
関する情報、英会話教材に関する情報のみに
使用させていただくものです。

※配信解除はいつでも行えます。

プロフィール

YOSHI

無料英会話講座・YOSHI

自己紹介:2004年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、そこで独自の英会話上達法を開発。

続きを読む

RSS