動作を表すフレーズ

【3676】mistake~ for~ :〜と〜を間違える

【フレーズ】mistake ~ for ~

《ミステイクフォァ》

【意味】〜と〜を間違える/勘違いする

 

【ニュアンス解説】

mistaken A for B のパターンで「AをBだと間違える」という意味。人間違いをした時や、何かを別の何かと勘違いした時に使います。

【例文】

1. 駅前で

A. I saw you at the station last night.
<昨晩、駅であなたを見かけたわ。>

B. It wasn't me. It was probably Chris.
<それは僕じゃないよ。おそらくクリスだね。>

A. Oh. I always mistake you for your brother.
<あら。私、いつもあなたとお兄さんを間違えちゃうのよね。>

2. 勇気を持って告白するも・・・

A. I'm so embarrassed.
<本当に恥ずかしいったらありゃしない。>

B. Don't be. You'll always be a good friend to Ryan.
<恥ずかしがることないよ。君はライアンにとってこれからも良い友達だ。>

A. I guess I mistook friendship for love.
<私、友情と愛情を勘違いしてたみたい。>

シンプルな言い方なので、ぜひ使いこなせるようになるまで繰り返し練習してみてください。

 

今日のゲストコラム

失敗から学ぶ!
使えるビジネス英語

from Asari

ビジネスメール【前半】

英語が苦手なヒロシ君が、実体験をもとにビジネス英語の理解を深めていくこのコーナー。今回はビジネスでよく目にするメールについての知識を深めましょう!

【メールで引合いをする】

*アリサはヒロシの上司
アリサ:ヒロシ君、クライアントから急ぎでブレンダ―100個の受注が入ったの。イギリスのヴィーナス・コーポレーションに在庫の問合わせしてもらっていいかしら?価格の交渉もお願いね!
ヒロシ:アリサさん、了解です!(よーし!英語で初メールに挑戦だ!)

To: Venus Cooperation

RE: Question

Dear gentleman,

My name is Hiroshi Sakurai from Phoenix Japan Ltd.
How are you doing?
I am going to buy 100 of your blender no. 123785.
Do you have them?
Please sale this to me at the cheapest price.
I want your answer ASAP.

Thank you!

Hiroshi
International Sales Department
Phoenix Japan Ltd.

 皆さんは10個のヒロシ君の間違いに気づかれましたでしょうか?まずは、ヒロシ君のメールを訳してみましょう!

ヴィーナス・コーポレーションさま

質問に関して

紳士の方へ

フィニックス・ジャパンのサクライヒロシと申します。
調子はいかがですか?
貴社のブレンダ―、型番123785を100台購入するつもりです。
ブレンダ―はありますか?
最安値でお売りください。
出来るだけ早く返事が欲しいです。

ありがとう!

ヒロシ
国際セールス部
フィニックス・ジャパン

というニュアンスで、とてもカジュアルな文面となっており、とてもビジネス文書レベルではありませんね。
初心者の方には、いきなりビジネス英語は難しいかもしれませんが、最初は例文をそのまま真似て、そこから状況に応じてアレンジしていく方が良いでしょう。では、ひとつずつ修正していきましょう!

【①会社名のスペルミスに注意!】

◆「ランチ中です」と回答する時は?
 相手の会社名は十分に確認して、絶対にスペルミスをしないように注意しましょう!ここを間違えると、自分の会社の信用度に関わります。ヒロシ君は、Corporation(会社)をCooperation(協力)と勘違いしていますね!似た単語なので混同しないようにしましょう。

✕誤り:Venus Cooperation
〇正解:Venus Corporation

【②メールの主旨は何とすればいい?】

 取引先にメールを送る理由は問合せが多いと思います。ヒロシ君の Question も間違いではありませんが、一般的には Inquiry という語を使います。また、この場合は注文の問合せですので、Order Inquiry とするとよりわかりやすいですね。

△誤りRE: Question
〇正解RE: Order Inquiry

【③『〇〇様へ』はどう表現するのがいい?】

 取引先にメールを送る理由は問合せが多いと思います。ヒロシ君の Question も間違いではありませんが、一般的には Inquiry という語を使います。また、この場合は注文の問合せですので、Order Inquiry とするとよりわかりやすいですね。

△誤りDear gentleman,
〇正解Dear Sirs / Madams;

 ヒロシ君の Dear Gentleman も誤りではありませんが、ビジネスで一般的に『〇〇様へ』とする時には、Dear Sirs / Madams が丁寧でいいですね。他には To Whom it may concern(担当者へ)等もグッドです!

【④How are you? / How are you doing?は必要?】

 言葉のコミュニケーションでは「How are you?」や「How are you doing?」などの挨拶が一般的ですし礼儀となっていますが、ビジネス文書においては一般的ではなく、むしろ不自然な感じがしますので不要です。カジュアルな文書ではもちろんOKです。

△誤りHow are you doing?
〇正解:不要

 いかがでしたか?5つ目以降は次回に続きます!

The following two tabs change content below.
Asari

Asari

ジャパンカナダビジネスジャーナル記者を経た後に翻訳家、英語講師、通訳などマルチに活躍中。英語検定1級。TOEIC965点。著者に『ピンとくるイメージで覚えてしまう日常英語(講談社発行)』がある。

関連記事

  1. 何気ない一言

    【3631】I can't stop sneezing.:くしゃみが止まらない

    【フレーズ】I can't stop sneezing.《アイキャ…

  2. ひねった言いまわし

    【3546】set the wheels in motion:実行に移す

    【フレーズ】set the wheels in motion《セッ…

最近の記事

  1. 【3720】Is this the final price?…
  2. 【3719】I have no doubt you'll p…
  3. 【3718】dress warm:暖かい格好をする
  4. 【3717】Be my guest.:どうぞ遠慮しないで
  5. 【3716】at least twelve hours:少な…
PAGE TOP