メガホンを持つ女性と耳をふさぐ男性たち

決まり文句

【3270】I can't hear myself think. :うるさくて考え事ができない

【フレーズ】I can't hear myself think.

《アイキャン(トゥ)ヒアマイセルフスィン(ク)》

【意味】うるさくて考え事ができない

 

【ニュアンス解説】
 直訳は「自分自身の思考の声が聞こえない」ですが、つまりこれは「(周囲が騒がしくて)考え事ができない」という意味。
周りの騒音に気が散ってしまい、考えがまとまらない、思考に集中できない、などと伝えるときの定番フレーズになります。

【例文】

1. ゲームの音量

A. Can you turn down the volume?
<音量を下げてもらえないか?>

B. It's not that loud, is it?
<そんなにうるさくないわよね?>

A. It is. I can't hear myself think.
<いや。うるさくて考え事に集中できない。>

2. 職場付近で工事

A. I can't stand this noise!
<この騒音、耐えられないよ!>

B. Me neither. I can't hear myself think.
<私も。うるさくて考え事もできない。>

A. I hope the construction will be over soon.
<工事がもうすぐ終わるといいんだけど。>

英語らしい独特の言い回しですが「気が散って考え事ができない」ときには、ぜひ思い出してみてくださいね。

 

今日のゲストコラム

『日本の体育』で使う単語を英語でいうと?

from Staff

 逆上がりをする、前転をする、跳び箱など、学校で使う体育の単語とは?

 まず、「逆上がり」は pullover(on the bar)と言います。chin-up pullover、または、kick-up pullover などと言う人もいますね。

例文で見てみましょう。

Can you do a pullover?
逆上がりはできる?

I know how to do a pullover.
私は逆上がりのやり方を知っています。

「前転」はsomersault です。

 そして、「跳び箱」について。跳び箱の授業は日本独特のもので、海外では、体育の時間に跳び箱を行うところはほとんどありません。実際、ネイティブの友人に聞いたところ、子どもがインターナショナルスクールに通っている人が跳び箱の存在を知っていたくらいで、ほかは「聞いたこともない」という意見が多数でした。

 そんな跳び箱の存在を知っていた貴重な(笑)ネイティブに、英語で跳び箱を説明してもらいました。次のようになります。

Tobibako(jumping boxes) is a vaulting horse put together by stacking wooden frames.
跳び箱(箱をジャンプすること)は、木のフレームを積み上げて行う跳馬のようなものです。

 このように、日本独特のものでピッタリ1語で表せないものは、ちょっとした説明を付け加えるとわかりやすいと思います。

 


「頼み事があるんだけど」の細かい使い分け

 「頼みがあるんだけど」と英語で言いたい場合、 Will you do me a favor? や I have a favor to ask you. などがあります。

 ただし、ネイティブがいつもこのフレーズばかり使っているとはかぎりませんよね。そのときどきの状況や話し相手との関係、お願いごとの内容などによって、頼み方が変わってきます。ニュアンスと一緒に覚えましょう。

  1. 「ちょっとお願いがあって…」
     I was wondering if I could ask you a favor.
     お願いしたいことがあるんだけど、聞いてもらってもいい?
     ※少し遠回しに聞くニュアンスです。

  2. 「お願いしてもいいですか?」
     Could I ask you a favor?
     お願いしたいことがあるのですが、いいですか?
     ※ Can I ask you a favor? より、やや丁寧です。

  3. 「お願いしたいことがありまして…」
    I'd like to ask you a favor.
    お願いしたいことがあるんです

  4. 「頼んでもいい?」
    Can I ask you a favor?
    頼みたいことがあるんだけど。
    Can you do me a favor?
    頼みごと、聞いてもらってもいい?
The following two tabs change content below.
YOSHIのネイティブフレーズ 運営スタッフ

YOSHIのネイティブフレーズ 運営スタッフ

「楽しみながら英語に触れて、世界を広げよう!」を合言葉に前向きでひたむきな多くの英語学習者たちとともに歩みを進める専属スタッフ。 とことん英語を楽しみながら学ぶという両方が叶う世界を構築するために日々活動中。

関連記事

  1. 決まり文句

    Sure enough:案の定

    ■今日のネイティブフレーズ 【フレーズ】Sure enough…

  2. 決まり文句

    hit the nail:うまく言い当てる

    ■今日のネイティブフレーズ 【フレーズ】hit the nai…

  3. 決まり文句

    I'm getting goose bumps.:鳥肌が立ってきちゃった

    ■今日のネイティブフレーズ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄…

  4. 決まり文句

    Every little bit counts.:ちりも積もれば山となる

    ■今日のネイティブフレーズ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄…

  5. 決まり文句

    I just know.:なんとなく~な気がする

    ■今日のネイティブフレーズ 【フレーズ】I just know…

  6. 決まり文句

    Certainly.:かしこまりました

    ■今日のネイティブフレーズ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄…

最近の記事

  1. 【3285】Better safe than sorry. …
  2. 【3284】Just so you know :念のために言…
  3. 【3283】Hi, stranger! :久しぶりだね!
  4. 【3282】I have to go with him on…
  5. 【3281】It goes with everything.…
PAGE TOP