sticky situation(日本語訳:複雑なシチュエーション)の使い方

sticky situation:複雑なシチュエーション

2018-06-28 9:00 AM テーマ:

■今日のネイティブフレーズ

【フレーズ】sticky situation
《スティッキースィトゥエイション》 

【意味】複雑なシチュエーション/大変なシチュエーション

【ニュアンス解説】sticky situationは、状況が複雑だったり
大変だったりして、もやもやしている時に
使われるフレーズです。ビジネスの場面でも
友達同士の間でも使われます。

【例文】

1.転職活動中

A.My boss got fired, so I want to change jobs too.
(上司がくびになっちゃったから、僕も新しい仕事見つけたいんだ。)

B.Oh wow, that’s tough!
(あら、それは大変ね!)

A.I know! It’s such a sticky situation.
(そうなんだよ!なんかちょっと複雑な状況なんだよね。)

2.友達の噂を聞いて

A.I heard Lauren broke up with her boyfriend!
(ローレンが彼氏と別れちゃったんだって!)

B.I heard! That’s a sticky situation, since everyone thought they were getting married.
(聞いたよ!なんか複雑だよね、みんな2人は結婚すると思ってたから。)

A.Seriously.
(ほんとね。)

stickyは「ネバネバする」という意味なので
直訳するとネバネバするシチュエーションという意味です。
例えば色々な意見があって複雑な場面、という時に使えるフレーズです。

英語ペラペラになるには、フレーズを覚えるのが一番の近道です。

では、また明日。

ありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

無料英会話習得メールマガジンご登録フォーム

300,000人以上が愛読中!
ネイティブが本当に使うフレーズを毎日お届け!
完全無料のメールマガジン「YOSHIのネイティブフレーズ」

以下にお名前とメールアドレスを記入し、
登録ボタンを押して下さい。(二つとも必須項目です。)

メールアドレス
お名前(苗字のみ)

このメールマガジンでは「ネイティブが本当に使うフレーズ」「フレーズに使い方」を、例文と楽しく覚えられる解説付きでお届けするメールマガジンです。

完全に無料のメールマガジンですので、日常英会話の
ボキャブラリーを増やしたい、ネイティブとの
コミュニケーションをもっと楽しみたいと思ったら、
今すぐご登録ください!

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信や英会話上達に
関する情報、英会話教材に関する情報のみに
使用させていただくものです。

※配信解除はいつでも行えます。

プロフィール

YOSHI

無料英会話講座・YOSHI

自己紹介:2004年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、そこで独自の英会話上達法を開発。

続きを読む

RSS