<Sorry about the other day.>(日本語訳:<先日はすみませんでした>)の使い方

Sorry about the other day.:先日はすみませんでした

2017-01-09 9:00 AM テーマ:

■今日のネイティブフレーズ

【フレーズ】Sorry about the other day.
《サゥリアバウディアダデイ》 

【意味】先日はすみませんでした

【ニュアンス解説】Sorry about ~で
~の件についてすまなく思う、という
意味です。Sorry for ~との微妙な
ニュアンスの違いは、例文の下をご確認ください(^^)

【例文】

1.この前のランチ

A.How are you? Sorry about the other day.
(元気?先日はごめんね。)

B.About what?
(何のこと?)

A.You know, I had to leave in the middle of lunch.
(ほら、ランチの途中で帰らなくちゃならなかったでしょ。)

2.家の修理

A.Sorry about the noise.
(うるさくて申し訳ない。) 

B.Oh, don’t worry about it.
(ああ、気にしないで。) 

A.I should be done by six.
(6時までには終わると思うんですが。)

Sorry for ~は主に話し手自身の行動を
“すまない”と思う気持ちをを表したり
誰かを気の毒に思うときに使うのに対し
今日のSorry about ~は、“その場の
状況・状態”について謝る(気の毒に思う)ニュアンスになります。

微妙な違いで場合によって入れ替えることも
可能なのでややこしいですが、その都度例文
ごと覚えて雰囲気を掴むようにしてみてください。

英語ペラペラになるには、フレーズを覚えるのが一番の近道です。

では、また明日。

ありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

無料英会話習得メールマガジンご登録フォーム

200,000人以上が愛読中!
ネイティブが本当に使うフレーズを毎日お届け!
完全無料のメールマガジン「YOSHIのネイティブフレーズ」

以下にお名前とメールアドレスを記入し、
登録ボタンを押して下さい。(二つとも必須項目です。)

メールアドレス
お名前(苗字のみ)

このメールマガジンでは「ネイティブが本当に使うフレーズ」「フレーズに使い方」を、例文と楽しく覚えられる解説付きでお届けするメールマガジンです。

完全に無料のメールマガジンですので、日常英会話の
ボキャブラリーを増やしたい、ネイティブとの
コミュニケーションをもっと楽しみたいと思ったら、
今すぐご登録ください!

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信や英会話上達に
関する情報、英会話教材に関する情報のみに
使用させていただくものです。

※配信解除はいつでも行えます。

プロフィール

YOSHI

無料英会話講座・YOSHI

自己紹介:2004年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、そこで独自の英会話上達法を開発。

続きを読む

RSS