just a bite(日本語訳:一口だけ)の使い方

just a bite:一口だけ

2018-01-07 9:00 AM テーマ:

■今日のネイティブフレーズ

【フレーズ】just a bite《ジャスタバイ(トゥ)》 

【意味】一口だけ

【ニュアンス解説】just a biteは、食べ物、もしくは
飲み物を一口だけ試してみたい時に使うフレーズです。

【例文】

1.新発売のケーキを買った友達と

A.This cake looks so good!
(このケーキすごく美味しそうだよね!)

B.Yeah, can I try just a bite of it?
(うん、一口だけ試していい?)

A.Of course.
(もちろん。)

2.お腹が空いていない時

A.I’m not that hungry but I think I should eat just a bite of something.
(そんなにお腹が空いていないんだけど、何か一口だけ食べた方が良い気がするんだ。) 

B.Why don’t you get a salad?
(サラダにしたら?) 

A.I guess I’ll do that.
(そうするかな。)

一皿全てを食べたくない時もありますよね。
そういう時に使える表現です。また、
仲良しの友達と食事に出かけて
食事をシェアしたいような時に出てくるフレーズです。

英語ペラペラになるには、フレーズを覚えるのが一番の近道です。

では、また明日。

ありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

無料英会話習得メールマガジンご登録フォーム

300,000人以上が愛読中!
ネイティブが本当に使うフレーズを毎日お届け!
完全無料のメールマガジン「YOSHIのネイティブフレーズ」

以下にお名前とメールアドレスを記入し、
登録ボタンを押して下さい。(二つとも必須項目です。)

メールアドレス
お名前(苗字のみ)

このメールマガジンでは「ネイティブが本当に使うフレーズ」「フレーズに使い方」を、例文と楽しく覚えられる解説付きでお届けするメールマガジンです。

完全に無料のメールマガジンですので、日常英会話の
ボキャブラリーを増やしたい、ネイティブとの
コミュニケーションをもっと楽しみたいと思ったら、
今すぐご登録ください!

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信や英会話上達に
関する情報、英会話教材に関する情報のみに
使用させていただくものです。

※配信解除はいつでも行えます。

プロフィール

YOSHI

無料英会話講座・YOSHI

自己紹介:2004年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、そこで独自の英会話上達法を開発。

続きを読む

RSS