catch a cold (日本語訳:風邪を引く)の使い方

catch a cold :風邪を引く

2019-03-22 9:00 AM New! テーマ:

■今日のネイティブフレーズ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【フレーズ】catch a cold 《キャッチャコールド》

【意味】風邪を引く

【ニュアンス解説】catch a cold とは、風邪を引くという意味で
よく使われるフレーズです。coldで「風邪」
catchには「(風邪などに)感染する」という意味があります。

【例文】

1.紅葉を見に行って・・・

A.The leaves on this tree are beautiful.
(この木の葉っぱ、綺麗だね。)

B.Winter is coming. Don’t catch a cold!
(もう冬が来るんだね。風邪を引かないようにしないとね!)

A.That’s right!
(そうだね!)

2.病院の診察室で

A.What brings you here today?
(今日はどうされましたか?) 

B.I feel very dizzy. Did I catch a cold?
(頭がクラクラします。風邪を引いたのかな?) 

A.Let me check your temperature.
(体温を計りましょう。)

ネイティブは、相手に体の調子を聞いたり
伝えたりすることが大切だと考える人も多いようです。
こういったフレーズは日常会話で使えるようにしておきましょう。

英語ペラペラになるには、フレーズを覚えるのが一番の近道です。

では、また明日。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

無料英会話習得メールマガジンご登録フォーム

300,000人以上が愛読中!
ネイティブが本当に使うフレーズを毎日お届け!
完全無料のメールマガジン「YOSHIのネイティブフレーズ」

以下にお名前とメールアドレスを記入し、
登録ボタンを押して下さい。(二つとも必須項目です。)

お名前(名字のみ)
メールアドレス

このメールマガジンでは「ネイティブが本当に使うフレーズ」「フレーズに使い方」を、例文と楽しく覚えられる解説付きでお届けするメールマガジンです。

完全に無料のメールマガジンですので、日常英会話の
ボキャブラリーを増やしたい、ネイティブとの
コミュニケーションをもっと楽しみたいと思ったら、
今すぐご登録ください!

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信や英会話上達に
関する情報、英会話教材に関する情報のみに
使用させていただくものです。

※配信解除はいつでも行えます。

プロフィール

YOSHI

無料英会話講座・YOSHI

自己紹介:2004年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、そこで独自の英会話上達法を開発。

続きを読む

RSS