culinary school(日本語訳:料理学校)の使い方

culinary school:料理学校

2017-12-30 9:00 AM テーマ:

■今日のネイティブフレーズ

【フレーズ】culinary school《カリナリースクーゥ》 

【意味】料理学校

【ニュアンス解説】culinary schoolとは、一般の人が通う
料理学校とは少し異なり、シェフや
料理の専門家になりたい人が通う専門学校にあたります。

【例文】

1.有名なケーキ屋さんで

A.These cakes are so beautiful!
(このケーキはすごくきれいですね!)

B.I heard the chef went to a culinary school in Paris.
(シェフはパリの料理学校に行っていたみたいよ。)

A.That’s amazing.
(すごいですね。)

2.料理学校のインタビューで

A.Tell me why you want to attend this culinary school.
(ここの料理学校に通いたい理由を教えてください。) 

B.I want to be the best at pasta making.
(最高のパスタ作りになりたいからです。) 

A.That’s a great answer.
(とても良い答えですね。)

クッキングスクールとはまた違うニュアンス
を覚えておくと、さらに英語もレベルアップ
した印象で、ネイティブの人にもアピールできるのはないでしょうか。

英語ペラペラになるには、フレーズを覚えるのが一番の近道です。

では、また明日。

ありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

無料英会話習得メールマガジンご登録フォーム

200,000人以上が愛読中!
ネイティブが本当に使うフレーズを毎日お届け!
完全無料のメールマガジン「YOSHIのネイティブフレーズ」

以下にお名前とメールアドレスを記入し、
登録ボタンを押して下さい。(二つとも必須項目です。)

メールアドレス
お名前(苗字のみ)

このメールマガジンでは「ネイティブが本当に使うフレーズ」「フレーズに使い方」を、例文と楽しく覚えられる解説付きでお届けするメールマガジンです。

完全に無料のメールマガジンですので、日常英会話の
ボキャブラリーを増やしたい、ネイティブとの
コミュニケーションをもっと楽しみたいと思ったら、
今すぐご登録ください!

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信や英会話上達に
関する情報、英会話教材に関する情報のみに
使用させていただくものです。

※配信解除はいつでも行えます。

プロフィール

YOSHI

無料英会話講座・YOSHI

自己紹介:2004年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、そこで独自の英会話上達法を開発。

続きを読む

RSS