due date(日本語訳:締め切り日)の使い方

due date:締め切り日

2018-01-21 9:00 AM New! テーマ:

■今日のネイティブフレーズ

【フレーズ】due date《デューデイ(ト)》 

【意味】締め切り日

【ニュアンス解説】dueには「~する予定がある」
「期限が来て」などの意味があり
due dateで「締め切り日」となります。
提出日や締め切りがある場面で使われるフレーズです。

【例文】

1.大学の図書館で

A.What’s the due date for this project?
(このプロジェクトの締め切り日っていつ?)

B.I’m not sure, let’s go check with the professor.
(わからないから、一緒に教授に確認しに行こう。)

A.Yeah, sounds good.
(うん、それがいいね。)

2.原稿の提出日

A.You need to submit this article today, since it’s the due date.
(この原稿は今日が締め切りなので提出してください。) 

B.I will try to get it in to you by the afternoon.
(午後までには提出するようにします。) 

A.I won’t be in the office, but please leave it on my desk.
(オフィスにはいませんが、デスクに置いておいて下さい。)

締め切りを守ることは大事ですよね。
欧米の大学生はグループで取り組む
プロジェクトが多いので、締め切り日を間違えたら大変なことになります。
このフレーズはキャンパス内でも良く聞きます。

英語ペラペラになるには、フレーズを覚えるのが一番の近道です。

では、また明日。

ありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

無料英会話習得メールマガジンご登録フォーム

200,000人以上が愛読中!
ネイティブが本当に使うフレーズを毎日お届け!
完全無料のメールマガジン「YOSHIのネイティブフレーズ」

以下にお名前とメールアドレスを記入し、
登録ボタンを押して下さい。(二つとも必須項目です。)

メールアドレス
お名前(苗字のみ)

このメールマガジンでは「ネイティブが本当に使うフレーズ」「フレーズに使い方」を、例文と楽しく覚えられる解説付きでお届けするメールマガジンです。

完全に無料のメールマガジンですので、日常英会話の
ボキャブラリーを増やしたい、ネイティブとの
コミュニケーションをもっと楽しみたいと思ったら、
今すぐご登録ください!

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信や英会話上達に
関する情報、英会話教材に関する情報のみに
使用させていただくものです。

※配信解除はいつでも行えます。

プロフィール

YOSHI

無料英会話講座・YOSHI

自己紹介:2004年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、そこで独自の英会話上達法を開発。

続きを読む

RSS