There was a mix-up.(日本語訳:行き違いがありました)の使い方

There was a mix-up.:行き違いがありました

2017-01-15 9:00 AM New! テーマ:

■今日のネイティブフレーズ

【フレーズ】There was a mix-up.《デアワザミクサップ》 

【意味】行き違いがありました

【ニュアンス解説】mix-up は「間違い
行き違い・取り違え」などという意味です。
結果的に混乱を引き起こすような間違いに使います。

【例文】

1.カフェにて

A.Excuse me, I didn’t order this.
(すみません、これ注文していませんが。)

B.Sorry about that. There was a mix-up in the kitchen.
(すみませんでした。厨房で行き違いがあったようです。)

A.I see.
(そうでしたか。)

2.ミーティングに遅刻

A.Sorry, I’m running late.
(ごめん、遅刻しそうだ。) 

B.What’s going on?
(どうしたのよ?) 

A.There was a mix-up in the schedule.
(スケジュールに間違いがあったようだ。)

間違いと聞いて真っ先に思い浮かべるのは
mistake だと思いますが、こちらは「判断
不足によって起きる過ち」であることが多く
mix-upとはニュアンスがちょっと異なります。

英語ペラペラになるには、フレーズを覚えるのが一番の近道です。

では、また明日。

ありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

無料英会話習得メールマガジンご登録フォーム

200,000人以上が愛読中!
ネイティブが本当に使うフレーズを毎日お届け!
完全無料のメールマガジン「YOSHIのネイティブフレーズ」

以下にお名前とメールアドレスを記入し、
登録ボタンを押して下さい。(二つとも必須項目です。)

メールアドレス
お名前(苗字のみ)

このメールマガジンでは「ネイティブが本当に使うフレーズ」「フレーズに使い方」を、例文と楽しく覚えられる解説付きでお届けするメールマガジンです。

完全に無料のメールマガジンですので、日常英会話の
ボキャブラリーを増やしたい、ネイティブとの
コミュニケーションをもっと楽しみたいと思ったら、
今すぐご登録ください!

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信や英会話上達に
関する情報、英会話教材に関する情報のみに
使用させていただくものです。

※配信解除はいつでも行えます。

プロフィール

YOSHI

無料英会話講座・YOSHI

自己紹介:2004年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、そこで独自の英会話上達法を開発。

続きを読む

RSS