Can you get the door for me?,代わりに(玄関に)出てもらえる?,YOSHIのネイティブフレーズ

Can you get the door for me?:代わりに(玄関に)出てもらえる?

2017-01-16 9:00 AM New! テーマ:

■今日のネイティブフレーズ

【フレーズ】Can you get the door for me?
《キャンユウゲッダドアフォミィ》 

【意味】代わりに(玄関に)出てもらえる?

【ニュアンス解説】get the door は
「玄関に行って、誰が来たのかを確認する」
ことを意味します。玄関のベルが鳴ったけれど
自分は手が離せない、そんなときに代わりに
出てもらうようにお願いする定番フレーズになります。

【例文】

1.電話中

A.Mom, looks like someone’s here.
(お母さん、誰か来たみたい。)

B.I’m on the phone. Can you get the door for me?
(電話中なの。代わりに出てくれない?)

A.Sure.
(いいよ。)

2.料理中の訪問者

A.I can’t leave the kitchen right now. Can you get the door for me?
(今キッチンから離れられないの。代わりに出てらえるかしら?) 

B.No problem.
(もちろん。) 

A.Thanks.
(ありがとう。)

the door をthe phone に変えれば「電話に出る」になります。

英語ペラペラになるには、フレーズを覚えるのが一番の近道です。

では、また明日。

ありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

無料英会話習得メールマガジンご登録フォーム

200,000人以上が愛読中!
ネイティブが本当に使うフレーズを毎日お届け!
完全無料のメールマガジン「YOSHIのネイティブフレーズ」

以下にお名前とメールアドレスを記入し、
登録ボタンを押して下さい。(二つとも必須項目です。)

メールアドレス
お名前(苗字のみ)

このメールマガジンでは「ネイティブが本当に使うフレーズ」「フレーズに使い方」を、例文と楽しく覚えられる解説付きでお届けするメールマガジンです。

完全に無料のメールマガジンですので、日常英会話の
ボキャブラリーを増やしたい、ネイティブとの
コミュニケーションをもっと楽しみたいと思ったら、
今すぐご登録ください!

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信や英会話上達に
関する情報、英会話教材に関する情報のみに
使用させていただくものです。

※配信解除はいつでも行えます。

プロフィール

YOSHI

無料英会話講座・YOSHI

自己紹介:2004年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、そこで独自の英会話上達法を開発。

続きを読む

RSS